ジャームブロック(弱酸性次亜塩素酸水) / 商品説明

ジャームブロックの効果・使い方・注意点など

 

 
【 弱酸性次亜塩素酸水という除菌剤 】

現在では学校給食など食品加工施設の除菌剤としても使われ、インフルエンザウィルスにも効果が期待出来る液体、弱酸性次亜塩素酸水。これまでの不安定なPH(水素イオン指数)を安定したものにすることで、ご家庭でも安心してお使い頂ける除菌消臭剤。それがジャームブロックです。

 
人体と環境にやさしい

シャンプーなどにも使われる弱酸性の性質を持ったジャームブロックは、有機物に触れると水に戻るため肌に優しく、下水に流しても環境への悪影響はありません。
 岡山大学との共同開発により、安全性試験を行い、各種試験でいずれも安全性を確認済みです。
・ラットを用いた経口投与試験 ・ラットを用いた噴霧吸入試験 ・ラットを用いた皮膚刺激性試験 ・ラットを用いた眼刺激試験(岡山大学医学部附属動物実験施設調べ)

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックは不燃性なので安心 

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックは、アルコール系除菌剤とは違い不燃性のため火災時のリスクを抑え消防署への届け出等も必要ありません。

除菌・消臭には弱酸性が一番 

有効塩素と次亜塩素が融合したジャームブロックは、アルカリ性ではありません。除菌力・消臭力に最も効果を発揮する「弱酸性」の性質を持っています。

効果・実験データ

有効塩素と次亜塩素酸が融合したジャームブロックは、除菌力・消臭力に最も効果を発揮する「弱酸性」の性質を持っています。
弱酸性の力
1:弱酸性次亜塩素酸水は、インフルエンザウィルスを不活性化します
A香港型インフルエンザウィルス(H3)に弱酸性次亜塩素酸水(pH6.2)を作用させた結果、液相においては、有効塩素濃度 2ppm、接触時間1分間という非常に低濃度、短時間で十分な効果を示した。(表1)
インフルエンザウィルスを空気中(円筒型試験槽)に噴霧し、さらに弱酸性次亜塩素酸水または蒸留水を噴霧した。ウィルスのみを噴霧した場合と比較し、弱酸性次亜塩素酸水を噴霧した場合のウィルス感染力価は1/1000以上減少した。(図1)

出典:インフルエンザウイルス感染防御システム開発のための基礎的研究
奥邨大輔(北海道大学)、伊木重雄(北海道立衛生研究所)等
平成19年度空気調和・衛生工学会大会発表(仙台)
インフルエンザウィルス A型(H1N1)に対する弱酸性次亜塩素酸水の作用を調べるため、弱酸性次亜塩素酸水にインフルエンザウィルスA/ニューカレドニア浮遊液を添加し、経時的にウィルスの感染価を細胞培養法でしらべた。蒸留水に浮遊させたウィルスでは5分で1-log(1/10)の減少であったが、弱酸性次亜塩素酸水では、0.5分で4-log(1/10000)以上の減少(検出限界以下)となった。(表2)
出典:微酸性電解水の病原性細菌に対する殺菌効果および安全性
小宮山寛機(北里研究所)
第1回微酸性電解水研究会講演集P7
2:弱酸性次亜塩素酸水は、インフルエンザウィルスを不活性化します

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックは、インフルエンザウィルスだけではなく、その他様々な菌・ウィルスにも対応しています。

 
3:ジャームブロックによる除菌実験
除菌が難しいと言われているキュウリを同じ有効塩素濃度の次亜塩素酸ナトリウムとジャームブロック(弱酸性)に30分間浸漬した後の生菌測定。80倍の除菌速度が確認できました。