N99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンラインN99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のページはこちらスマートフォン対応のページはこちらウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > ジカウイルス感染症(ジカ熱)の基礎知識

ジカウイルス感染症(ジカ熱)の基礎知識

MERSコロナウイルスとは

蚊に刺されてなる感染症のひとつです。日本国内では流行をしていない感染症ですが、流行地に観光や仕事などででかけた方が現地で蚊に刺されて感染し、帰国してから発症する場合があります。潜伏期間は2~7日(~12日)です。

■ジカ熱が流行している地域 (地図 米国CDC)
ジカ ウイルスは1947年にウガンダのジカでみつかったウイルスで、アフリカ、南アジア、東南アジア、中南米での流行が確認されています。ジカ熱が流行している地域では他の感染症なども流行しています。出発前には出かける先にどのような健康のリスクがあるかFORTHで確認をしましょう。

ジカウイルス感染症とは



ジカウイルス感染症の感染経路

デング熱などの蚊にさされて感染する感染症の対策と同じです。流行エリアにいかない、蚊にさされやすい時間帯の外での活動を避ける、刺されないよう備えをすることが重要です(虫除け剤、長袖、蚊帳の準備など)。 感染したヒトから他のヒトへ直接病気がうつることはありません(血液や体液での感染”疑い”例が1例ずつ報告があります)。ジカ熱の予防ワクチンはありませんが、 ジカ熱の流行している地域では他の感染症のリスクもあるため、他のワクチン接種を含め、出発前の健康アドバイスを受けることをお勧めします。

ジカウイルス感染症(ジカ熱)の症状

■ジカ熱の症状
感染しても全員が発症するわけではありません。8割の方は症状がないか、症状が軽いため気づきません。病院に行くことを考えるような事例では、発熱、頭痛、眼球結膜充血、皮疹、筋痛、関節痛等があり、デング熱やチクングニア熱の症状によく似ています。数日で治ることがほとんどです。流行地へでかけても、何も症状がない場合は病院を受診したりする必要はありません。

■ジカ熱の診断
最近問題になった日本では流行していないウイルスのため、通常の診療所や病院で行う検査の中には含まれていません。医師が必要性を考えた場合のみ検査が検討されます。ジカ熱が流行している地域では、デング熱を含め、他にも考えるべき感染症があります。医師が総合的に判断をします。

■ジカ熱の治療・症状に対して行うケア
特別な治療法はありません。水分を十分にとって安静にします。
解熱剤や痛み止めを使う場合は、(デング熱が否定されるまでは)アスピリンやアスピリンを含む薬剤、その他の非ステロイド系消炎剤(イブプロフェンなど)は出血のリスクが高くなることがあるので使わないようにしましょう。自分が持っている薬について確認が難しい場合は、すぐに飲まずにかかりつけの薬局の薬剤師に相談をしましょう。体調について不安や相談がある場合は病院に相談をしましょう。

■医療機関での感染対策
ジカ熱については通常の標準予防策のみですが、渡航歴のある患者さんでは他の疾患の精査が終わるまでは、症状に応じて感染予防策をとることをお勧めします。複数の感染症が同時に診断される場合もあります。



ジカウイルス感染症(ジカ熱)の予防と対策

■ジカ熱の予防
蚊にさされてなる他の感染症の対策と同じです。流行エリアに行かない、蚊にさされやすい時間帯の外での活動を避ける、刺されないよう備えをすることが重要です(虫除け剤、長袖、蚊帳の準備など)。 感染したヒトから他のヒトへ直接病気がうつることはありません(血液や体液での感染”疑い”例が1例ずつ報告があります)。
ジカ熱のワクチンや治療薬がないことから、厚生労働省が注意を呼びかけています。 ジカ熱の流行している地域では他の感染症のリスクもあるため、他のワクチン接種を含め、出発前の健康アドバイスを受けることをお勧めします。

ジカウイルス感染症(ジカ熱)の感染予防として、蚊よけに天然ハッカ油をお使いになると効果的です。当店取扱商品のハッカ油は、化学反応により合成してできる合成ハッカではなく、北海道の天然ハッカ油ですので安心してお使いいただけます。そのままお使いいただくのはもちろん、ハッカの香りがキツい場合は水で薄めたものをスプレー容器に入れれば体に優しい虫除けとしてお使いいただけます。

おすすめ商品

北見天然ハッカ油たっぷり3本セット北見天然ハッカ油たっぷり3本セット
北海道 北見 天然ハッカ油
スプレータイプ 10ml+詰め替え12ml×2
合計3本たっぷり34mlセット
LinkIconご購入はこちらから

北見天然ハッカ油つめかえ12本セット北見天然ハッカ油つめかえ12本セット
北海道 北見 天然ハッカ油
詰め替え用12ml×6箱
合計12本セット
LinkIconご購入はこちらから

北見天然ハッカ油10mlスプレー北見天然ハッカ油10mlスプレー
北海道 北見 天然ハッカ油
10mlスプレー
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。

インフルエンザ予防:感染症・インフルエンザ関連最新情報リンク
感染症や新型インフルエンザに関する情報は、下記のような様々な機関から提供されています。情報は刻々と変化していますので、最新の情報を得ることが大切です。

厚生労働省「感染症情報」
厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
国立感染症研究所「感染症情報センター」
外務省「感染症関連情報」
東京都福祉保健局「感染症対策」