N99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンラインN99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のページはこちらスマートフォン対応のページはこちらウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > 感染症・ウイルスの基礎知識

感染症・ウイルス・病原菌の基礎知識


感染症・ウイルス・病原菌の基礎知識の必要性

私たちの生活では、インフルエンザをはじめ、ノロウイルスやO-157、最近ではSARSやデング熱などが大きな問題になっています。どれも病原はウイルスによるものです。エボラ出血熱、エイズもウイルスです。カキなどの二枚貝による食中毒も毎年冬季に多発していますが、これもノロウイルスが原因となっています。皮膚の感染症であるヘルペスウイルスも問題になりました。感染症・ウイルス・病原菌から身を守るためにも、正しい情報と知識を持ち、怖がらず、冷静に判断、対応することが大切です。

インフルエンザの基礎知識インフルエンザの基礎知識

ノロウイルスの基礎知識ノロウイルスの基礎知識

病原性大腸菌(腸管出血性大腸菌)O-157をはじめO1・O26・O111・O121・O128などの基礎知識病原性大腸菌(腸管出血性大腸菌)O-157をはじめO1・O26・O111・O121・O128などの基礎知識

人間に感染するインフルエンザウイルスには、A型・B型・C型の3種類あり、現在流行の中心となっているのはA型とB型です。A型は症状が重くなる傾向があり、死に至ることもあります。また感染力が強いため、パンデミック(大流行)を起こしやすく、過去には香港かぜやスペインかぜなどの世界的な流行で多くの死者を出しました。2009年に世界中で流行したいわゆる「新型インフルエンザ」は、A型、H1N1亜型というものでした。B型は、A型よりも症状が軽く、限られた地域で流行するケースが見られます。C型は鼻かぜ程度の軽い症状で済むことが多いウイルスです。

インフルエンザの感染症状・予防・対策など詳細はこちら

ノロウイルス感染症はウイルス性食中毒の代表ともいえる感染症です。厚生労働省の調べでは、感染者数が年々増加傾向にあり、ウイルス性食中毒として危険性が示唆されているウイルスでもあります。以前は小さな球形状のウイルス形状を持つことから小型球形ウイルス(SRSV)と呼ばれていましたが、2002年の国際ウイルス学会で「ノロウイルス」と世界的に称号が統一されました。年間を通じてどの季節でも発症しやすいノロウイルスですが、細菌類が夏場に多く感染症が拡大するのに対し、ウイルス性感染症の多くは乾燥の強い冬場に多く発生する特徴があります。

ノロウイルスの感染症状・予防・対策など詳細はこちら

病原性大腸菌は人の腸内には存在しないので、口から食べ物と一緒に体内へ侵入し下痢症状を引き起こします。生の牛肉やレバーの摂食で感染リスクが高いといわれています。ベロ毒素、または志賀毒素と呼ばれている毒素を産生する菌の代表的な血清型別には、O-157やO26、O103、O111等があります。 これらは他の食中毒菌に比べ少量の菌でも発症します。サルモネラ菌などは、発症に108個/g以上必要とされますが、O-157では数十個単位でも感染するといわれています。さらにこの菌は酸に強く、胃酸の中でも生き残り腸に達します。

病原性大腸菌(腸管出血性大腸菌)O-157・O1・O26・O111・O121・O128などの感染症状・予防・対策など詳細はこちら

レジオネラ菌の基礎知識レジオネラ菌の基礎知識

エボラ出血熱の基礎知識エボラ出血熱の基礎知識

デング熱の基礎知識デング熱の基礎知識

レジオネラ症は、レジオネラ属菌という細菌が原因で起こる感染症です。これまで、入浴施設で感染した例が数多く報告されており、中には死亡例もあります。症状のタイプは2種類で、「レジオネラ肺炎」と「ポンティアック熱」と呼ばれています。ポンティアック熱は発熱や頭痛、筋肉痛などの症状で一般的に軽症ですが、問題になるのは“レジオネラ肺炎”です。高熱や呼吸困難、吐き気、意識障害などが出て、急激に重症になり死亡することもあります。幼児や高齢者などの抵抗力の弱い人、体調不良で免疫力が落ちている時などは感染しやすいので注意が必要です。人から人へ感染した事例は報告されていませんが、適切な予防対策でレジオネラ症の発生を防止しましょう。

レジオネラ感染の症状・予防・対策など詳細はこちら

エボラ出血熱は、野生動物から人に感染し、人から人へも感染するウイルス性の感染症です。空気感染することはなく、感染経路は血液などによる体液の接触です。感染したときの致死率は50~90%にものぼり「人類史上、最も恐ろしいウイルスのひとつ」といわれています。その理由は、致死率が最高90%と極めて高く、有効な薬や治療法、ワクチンがないからです。エボラウイルスの危険度は、最も危険なレベル4です。レベル3には、鳥インフルエンザやSARS(重症急性呼吸器症候群)、レベル2には、インフルエンザやはしかなどがあります。レベル4は、他にも天然痘などがありますが「有効な薬や治療法がなく、致死率が高い」という非常に危険なレベルです。

エボラ出血熱の症状・予防・対策など詳細はこちら

デングウイルスは日本脳炎などと同じフラビウイルス科(同属) に属し、4つの血清型(1・2・3・4型)があります。感染した型のウイルスには免疫を得ることができます。ウイルスを持っているネッタイシマカやヒトスジシマカなどに刺されることで感染します。ヒトスジシマカは、ヤブ蚊とも呼ばれ、日本にも生息しています。不顕性感染を含めて感染した人を蚊が刺すと、1週間ほどでウイルス量が増えます。その蚊に人が刺されると感染する可能性があります。ヒトからヒトに直接感染することはありません。これまで海外で感染する感染症とされていましたが、平成26年、日本国内での感染によるデング熱の患者発生が報告されています。

デング熱の症状・予防・対策など詳細はこちら

SARSコロナウイルスの基礎知識SARSコロナウイルスの基礎知識

MERSコロナウイルスの基礎知識MERSコロナウイルスの基礎知識

ジカウイルス感染症の基礎知識ジカウイルス感染症の基礎知識

MERSコロナウイルス科ヒトコロナウイルスは一本鎖RNAウイルスで、軽症のかぜ様症状の約30%の原因となっていると考えられていましたが、重症化の報告はほとんどありませんでした。SARSは、この科に属する新型のSARSコロナウイルスにより引き起こされる、全身性の感染症です。中国南部の広東省を起源とした重症な非定型性肺炎の世界的規模の集団発生が、2003年に重症急性呼吸器症候群の呼称で報告され、これが新型のコロナウイルスが原因であることが突き止められました。前回の集団発生は2002年11月16日の中国の症例に始まり、台湾の症例を最後に、2003年7月5日にWHOによって終息宣言が出されましたたが、32の地域と国にわたり8,000人を超える症例が報告されています。特に有効な予防措置はなく、一般的呼吸器感染症の予防策として手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなどがあげられます。

SARSコロナウイルスの症状・予防・対策など詳細はこちら

コロナウイルス(マーズコロナウイルス)は、中東呼吸器症候群の病原体であり、SARSコロナウイルスに似たコロナウイルスで、2012年にイギリスロンドンで確認されています。2015年5月30日現在の合計では、1149人感染、431人死亡。感染地域は2015年5月に中国、香港、韓国に広がっています。肺炎を主症状としており、死亡率が40-50%前後と非常に高いウイルスです。肺に近い下気道に感染しやすい受容体があり、症状が少ないまま突然肺炎になりやすい特徴があります。感染方法は全く不明で、潜伏期間は2.5-14日間とされています。宿主が動物である(人獣共通感染症)ことはほぼ間違いなく、ヤマコウモリまたはラクダが疑われているので、上記感染確認地域ではできる限り動物に触ったりせず、手洗いを励行することも感染予防に大事です。

MERSコロナウイルスの症状・予防・対策など詳細はこちら

蚊に刺されてなる感染症のひとつで日本国内では流行をしていない感染症ですが、海外に出かけた人が現地で蚊に刺されて感染し、帰国してから発症する場合があります。潜伏期間は2~7日です。ジカ ウイルスは1947年にウガンダのジカでみつかったウイルスで、アフリカ、南アジア、東南アジア、中南米での流行が確認されています。流行エリアにいかない、蚊にさされやすい時間帯の外での活動を避ける、刺されないよう備えをすることが重要です(虫除け剤、長袖、蚊帳の準備など)。 感染したヒトから他のヒトへ直接病気がうつることはありません(血液や体液での感染”疑い”例が1例ずつ報告があります)。ジカ熱の予防ワクチンはありませんが、 Zika熱の流行している地域では他の感染症のリスクもあるため、他のワクチン接種を含め、出発前の健康アドバイスを受けることをお勧めします。

ジカウイルス感染症の症状・予防・対策など詳細はこちら

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。

インフルエンザ予防:感染症・インフルエンザ関連最新情報リンク
感染症や新型インフルエンザに関する情報は、下記のような様々な機関から提供されています。情報は刻々と変化していますので、最新の情報を得ることが大切です。

厚生労働省「感染症情報」
厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
国立感染症研究所「感染症情報センター」
外務省「感染症関連情報」
東京都福祉保健局「感染症対策」