N99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンラインN99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のページはこちらスマートフォン対応のページはこちらウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > SARSコロナウイルスの基礎知識

SARSコロナウイルスの基礎知識

MERSコロナウイルスとは

SARSコロナウイルス(サーズコロナウイルス)(英: SARS coronavirus,SARS-CoV)は、重症急性呼吸器症候群 (Severe Acute Respiratory Syndrome, SARS) の病原体として同定されたコロナウイルスです。通称SARSウイルス。飛沫感染により広がるとみられており、2002年11月に中華人民共和国広東省で発生し、2003年7月に新型肺炎制圧宣言が出されるまでの間に8,069人が感染し、775人が死亡しています。

SARSコロナウイルス



SARSコロナウイルスの感染経路

感染経路は、飛沫および接触(糞口)感染が主体とされますが、空気感染の可能性を含め依然議論の余地があります。最も一般的には、感染性のある飛沫への曝露を伴う密接なヒト-ヒトの接触で伝播していると考えられ、医療従事者や介護者などの場合は、感染性のある血液を始めとした体液への直接的接触も考えられます。ヒトで感染源となるのは有症者だけで、現在までのところ発症前の患者が感染源となったという報告は確認されていません。動物の媒介(ハクビシン、タヌキ、ネズミ他)、食品の媒介も示唆され、消化器症状を伴う例も多く見られることから、糞口感染が主体ではないかとの議論もあります。野生動物の感染伝播に果たす役割については、依然結論は出ていません。各国の保健機関はまた空気感染の可能性も調査しています。2003年後半以降は2004年前半までに計14名の感染患者が報告されており、この内訳は11名が実験施設等における感染事故によるもので、残り3名はそれぞれ感染経路不明の単発的なものです。実験施設等での事故による感染者11名のうち9名は、2004年3月から4月にかけ、北京の国立ウイルス学研究所で発生したものです。これは4月22日に公表され、同研究所は翌日閉鎖、WHOと中国政府の共同調査チームにより調査が開始されました。しかし、これも接触者の健康監視等により感染は終息し、5月18日にWHOが終息宣言を出しました。日本では2006年(平成18年)12月8日公布の「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律等の一部を改正する法律」により一類感染症から二類感染症に変更となっています。

SARSコロナウイルスの症状

潜伏期は2~10日、平均5日ですが、より長い潜伏期の報告もあります。SARSの自然経過としては、発病第1週に発熱、悪寒戦慄、筋肉痛など、突然のインフルエンザ様の前駆症状で発症します。疾患特異的な症状や症状群は確認されていません。発熱歴が最も頻繁に報告されていますが、初期の検温ではみられないこともあります。発病第2週には非定型肺炎へ進行し、咳嗽(初期には乾性)、呼吸困難がみられます。下痢は発病第1週にもみられますが、一般的には第2週目により多く報告されています。最大70%の患者が、血液や粘液を含まない大量の水様性下痢を発症します。発症者の約80%はその後軽快するが、なかには急速に呼吸促迫と酸素飽和度の低下が進行し、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)へ進行し死亡する例もあります。約20%が集中治療を必要とされます。感染の伝播は主に発症10日目前後をピークとし、発症第2週の間に起こるといわれています。

SARSの致死率は感染者の年齢、基礎疾患、感染経路、曝露したウイルスの量、国によって大きく異なり、全体としてはおよそ9.6%(2003年9月)と推計されていますが、24歳未満では1%未満、25~44歳で6%、45~64歳で15%、65歳以上で50%以上となっています。男性であること、基礎疾患の存在も高致死率のリスク因子とされています。SARSの可能性があると判断された人のうち、10~20%が呼吸不全などで重症化していますが、80~90%の人は発症後6~7日で軽快しています。1カ月以上人工呼吸治療を続けても死亡する例もあります。

無熱の発症や、細菌性の敗血症または肺炎の併発のような非定型的な発症の仕方が、高齢者における問題点として特に取り上げられています。一般にこの年齢層は、免疫力の低下や基 礎疾患を伴っていることが多く、他の年齢層より頻繁に医療施設を利用するなど、院内感染伝播の事例の発生に繋がっています。また、小児におけるSARSの報告頻度は低く、12歳未満では咳嗽、鼻汁のみなど、より軽症なことが多いようです。妊娠中のSARS感染は、妊娠初期では流産の、妊娠後期では母体の死亡の増加につながる例のあることが報告されています。



SARSコロナウイルスの予防と対策

有効な根治療法はまだ確立されていません。病初期には鑑別診断を急ぐとともに、症状の緩和と胸部レントゲン所見の改善を目的として、一般の細菌性肺炎を対象に、広域スペクトルの抗菌薬療法を行います。肺病変が進行する場合は、酸素投与や人工呼吸器などによる患者管理が必要となります。海外では抗ウイルス剤であるリバビリンの静脈内注射、ステロイド剤の併用療法、インターフェロン療法などに効果が期待できるとの報告もありますが、治療効果が確認されていません。患者の早期検知と即時隔離と、接触者の自宅隔離(検疫)以外には、特に有効な予防措置はなく、一般的呼吸器感染症の予防策として手洗い、うがい、マスク着用、体力や免疫力の増強をはかる、人混みへの外出を控えるなどがあげられます。

SARSコロナウイルスの感染予防として、N99規格高機能マスクの着用と弱酸性次亜塩素酸水での除菌をおすすめします

おすすめ商品

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックスプレータイプ弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックスプレータイプ
ウイルス・感染症対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
スプレータイプ 30ppm 40ml 24本入
LinkIconご購入はこちらから

maskset-01-1.jpgmaskset-01-1.jpg
ウイルス・感染症対策に
【N99規格高機能マスク全種類・全サイズセット】
LinkIconご購入はこちらから

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック
ウイルス・感染症対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
バッグインボックスタイプ 30ppm 10L
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。

インフルエンザ予防:感染症・インフルエンザ関連最新情報リンク
感染症や新型インフルエンザに関する情報は、下記のような様々な機関から提供されています。情報は刻々と変化していますので、最新の情報を得ることが大切です。

厚生労働省「感染症情報」
厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
国立感染症研究所「感染症情報センター」
外務省「感染症関連情報」
東京都福祉保健局「感染症対策」