N99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンラインN99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のページはこちらスマートフォン対応のページはこちらウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > インフルエンザの基礎知識

インフルエンザの基礎知識

インフルエンザとは
インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型の3型があり、このうちA型とB型がヒトのインフルエンザの原因になります。C型は小児期に感染して呼吸器感染症の原因になりC型インフルエンザと呼ばれますが、毎年世界的な大流行を起こすA型・B型とは症状や原因ウイルスの性状の点でも大きな差異があります。A型は症状が重くなる傾向があり、死に至ることもあります。また感染力が強いため、パンデミック(大流行)を起こしやすく、過去には香港かぜやスペインかぜなどの世界的な流行で多くの死者を出しました。2009年に世界中で流行したいわゆる「新型インフルエンザ」は、A型、H1N1亜型というものでした。B型は、A型よりも症状が軽く、限られた地域で流行するケースが見られます。C型は鼻かぜ程度の軽い症状で済むことが多いウイルスです。

インフルエンザウイルス



インフルエンザの感染経路
咳・くしゃみなどによる飛沫感染で、一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染します。空気感染や接触感染など違った形式によるものもあります。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的ですが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もあります。マスクのみでは飛沫核感染や接触感染を防ぐことができないため、手洗い・うがいなどの対策も必要です。

インフルエンザの感染症状
インフルエンザと風邪は症状も原因もハッキリ異なります。

<風邪>は、のどの痛み、鼻水、咳(せき)などの症状を伴う呼吸器の急性炎症です。発熱、頭痛、食欲不振などが起こることもあり、健康な人でも年に数回程度かかるといわれています。

<インフルエンザ>は、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。通常の風邪よりも急激に発症して症状が重いのが特徴となります。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。肺炎や気管支炎を併発しやすく、心不全や脳炎になる場合もあります。

インフルエンザウイルスの感染力は強力で、流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。日本では毎年11月~4月に流行が見られます。2009年春、いわゆる「新型インフルエンザ」が流行したことは、まだ記憶に新しいでしょう。

<インフルエンザの症状>
潜伏期間 … 1~5日
感染経路 … 飛沫感染と接触感染
(飛沫とは、くしゃみや咳などで唾液や鼻水が小さな水滴となって飛び散ること。)
発症 … 急激に38℃以上の高熱
症状 … 悪寒、頭痛、倦怠感、関節痛などの全身症状、咳、痰(たん)、 呼吸困難、下痢、腹痛などの胃腸症状 など
療養期間 … 1週間程度

インフルエンザ感染の予防・対策
インフルエンザの予防に効果が期待できるのがワクチンの接種です。流行シーズンを迎える前の10月~11月頃の接種をお勧めします。インフルエンザワクチンは、13歳未満は原則として2~4週間の間隔で2回接種します。13歳~64歳は1回または2回で医師と相談して決めます。65歳以上の高齢者や過去にインフルエンザにかかったことがある人は、1回の予防接種でも十分な免疫力が得られるといわれています。ワクチンの効果が現われるのは約2週間後からで、その後約5カ月間持続するといわれています。 ワクチンの費用は自己負担で、1回あたり約3000円~5000円程度です。ワクチンの接種により、65歳未満の健常者の場合70~90%のインフルエンザ発病予防効果があり、合併症の併発や高齢者の死亡を減らす効果があることが知られています。

行政もワクチンの接種を推奨しています。65歳以上の高齢者、60~64歳で心臓や呼吸器系、腎臓などの基礎疾患を持つ人をワクチン定期接種の対象だと、法令で定めています。市町村によっては費用補助の対象になっている場合もありますので、詳しい情報はお近くの保健所または医療機関にお問い合わせください。

日常生活でインフルエンザを予防するためには、飛沫感染、接触感染といった感染経路を絶つことが重要です。

【1】 正しい手洗い

私たちの生活では毎日、色々なものに触っています。触ったものから自分の手にもウイルスが付着している可能性があります。ウイルスの体内侵入を防ぐため以下のことを心がけましょう。外出先から帰宅したら手を洗う習慣、調理の前後、食事前などもこまめに手を洗う習慣をつけましょう。

【2】 日ごろの健康管理

免疫力が弱っていると、インフルエンザに感染しやすくなりますし、感染した症状が重くなる恐れがあります。日ごろから、十分な睡眠とバランス良い食事を心がけ、免疫力を高めておきましょう。

【3】 適度な湿度を保つ

空気が乾燥すると、ウイルスも蔓延しやすく、のど粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では、加湿器や洗濯物を干すなどの工夫をして、適切な湿度(50%~60%)を保つことが効果的です。当店で取り扱っている弱酸性次亜塩素酸水は、加湿器に入れて噴霧することができる除菌水ですので、保湿と除菌・消臭を兼ねて便利にお使いいただけるのでお勧めします。

【4】 人混みや繁華街への外出を控える

インフルエンザが流行してきたら、人混みや繁華街への外出を控えるのが一番ですが、外出の際に高機能マスクを着用したり、除菌水を携帯するなど、感染から身を守る心がけが必要です。

「インフルエンザかな?」と思われる症状が現れたら、早めに医療機関へ行きましょう。

【1】 早めの診断を

急に38度以上の発熱が出て、咳やのどの痛み・全身の倦怠感などのインフルエンザが疑われる症状が現れた場合には、早めに医療機関(内科・小児科)を受診しましょう。特に、幼児や高齢者、持病のある方や妊娠中の女性は、脳症や肺炎などの合併症が現たり重症化する可能性があります。
【2】 安静にする

睡眠を十分にとって安静にして休養しましょう。

【3】 水分の補給

高熱による発汗での脱水症状を予防するためにも、症状がある間は、こまめに水分の補給が必要です。

【4】 薬は医師の指示に従って正しく服用

医師が必要と認めた場合には、抗インフルエンザウイルス薬が処方されます。抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内)に開始すると、発熱期間は通常1~2日間短縮され、ウイルス排出量も減少します。なお症状が出てから48時間以降に服用を開始した場合、十分な効果は期待できませんが、医師の指示(用法や用量、服用する日数など)を守って服用してください。

ほかの人にうつさないために「咳エチケット」を

症状である高熱が下がっても、インフルエンザウイルスは体内に残っています。周囲の人への感染を防ぐため、熱が下がった後も数日は、インフルエンザウイルスの潜伏期間があるので、学校や職場などに行かないようにし、自宅療養することが望ましいでしょう。また、次のようなことにも気をつけてください。

【1】 咳エチケット

くしゃみや咳が出るときは、飛沫にウイルスを含んでいる可能性もありますので、咳エチケットを心がけてマスクの着用をしましょう。

【2】 人混みや繁華街への外出を控える

熱が下がっても数日間は、インフルエンザウイルスが体内に残っているので、周囲の人にうつさないように、人混みや繁華街への外出は控えましょう。インフルエンザの感染を広げないために、一人一人が、インフルエンザに「かからない」、インフルエンザを「うつさない」ための対策をしっかりと行うことが重要です。

厚生労働省の感染症相談窓口
 インフルエンザなどの感染症全般について、看護師が相談にお応えします。
    電話番号 03-5299-3306  ※電話番号は平成25年4月1日以降変わります。
    受付日時 平日9:00~17:00(土日祝日、年末年始を除く)

インフルエンザ予防には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。
当店取扱商品の次亜塩素酸水は、人体や環境にも優しい【弱酸性】ですので、
衛生管理及び感染症対策製品としてホテル、旅館、デパート、飲食店、
介護施設、学校、保育園、交通機関ほか、
様々な分野でご利用いただいている除菌水です。

厚生労働省の「感染症法に基づく消毒・減菌の手引き」(下記資料参照)に記載されている通り、
次亜塩素酸ナトリウムの除菌効果はインフルエンザにも有効とされています。
パンデミック(感染爆発)を警戒し感染予防に備える事が重要です。

厚生労働省資料

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の同類性
次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性.pdf

感染症法に基づく消毒・滅菌の手引きについて
感染症法に基づく消毒・滅菌の手引きについて.pdf

厚生労働省参考資料1厚生労働省参考資料1

厚生労働省参考資料2厚生労働省参考資料2

厚生労働省参考資料3厚生労働省参考資料3

おすすめ商品

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックスプレータイプ
ノロウイルス・O-157など食中毒対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
弱酸性次亜塩素酸水 ジャームブロック
スプレータイプ 30ppm 40ml 24本入
LinkIconご購入はこちらから

germ06.jpg
ノロウイルス・O-157など食中毒対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
弱酸性次亜塩素酸水 ジャームブロック
バッグインボックスタイプ 30ppm 20L
LinkIconご購入はこちらから

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック
ノロウイルス・O-157など食中毒対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
弱酸性次亜塩素酸水 ジャームブロック
バッグインボックスタイプ 30ppm 10L
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。

インフルエンザ予防:感染症・インフルエンザ関連最新情報リンク
感染症や新型インフルエンザに関する情報は、下記のような様々な機関から提供されています。情報は刻々と変化していますので、最新の情報を得ることが大切です。

厚生労働省「感染症情報」
厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
国立感染症研究所「感染症情報センター」
外務省「感染症関連情報」
東京都福祉保健局「感染症対策」