N99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンラインN99マスク 弱酸性次亜塩素酸水 衛生用品販売のウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のページはこちらスマートフォン対応のページはこちらウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > エボラ出血熱の基礎知識

エボラ出血熱の基礎知識

エボラ出血熱とは

エボラ出血熱とは、エボラウイルスによる急性熱性疾患であり、マールブルグ病、ラッサ熱、クリミア・コンゴ出血熱とともに、ウイルス性出血熱の一疾患です。必ずしも出血症状を伴うわけではないことなどから、近年ではエボラウイルス病と呼ばれています。エボラウイルス病の特徴は、血液や体液との接触によってヒトからヒトへと感染が拡大し、多数の死者を出す流行を起こすことです。2015年現在、エボラウイルス病の流行は、これまで知られている流行のうち最も大きな流行となっています。なお、WHOは2014年8月8日にこの流行を国際的に懸念される公衆の保健上の緊急事態とし、流行国等に更なる対応の強化を求めています。

エボラ出血熱ウイルス

エボラ出血熱の感染経路

いまだにエボラ出血熱の詳しい感染経路はわかっておりませんが
ユニセフでは、エボラ出血熱の予防策や感染経路などを説明したイラストを公開しているのでご紹介します。

・感染者の遺体
・感染者の大便や尿などの排泄物
・感染した動物がかじった果物
・感染者や回復したばかりの人との無防備な性交
・感染した人や動物との接触
・汚染された医療器具、汚れたシーツや衣服
・感染者の血液や体液
・野生動物の生肉

ユニセフのイラストでは、これらを通じてエボラウイルスが拡大すると説明しています。

エボラウイルスは、感染者の体液が口に入ったり、傷口から入ったりすることで別の人間に感染します。具体的には、血液・吐しゃ物・排せつ物・分泌物などを介して感染し、空気感染はしません。

厚生労働省は、エボラ出血熱がせきやくしゃみを介してヒトからヒトに感染するインフルエンザなどとは異なると指摘し、感染率は高くないことを強調、その他にも、「流行している地域に行かないこと」や、チンパンジーやサルなどの感染も確認されていることから、「野生動物の肉を生で食べないこと」などが、感染リスクを上げないための有効対策とされています。

エボラ出血熱の症状

エボラウイルスに感染すると、2日~21日(通常7~10日程度)の潜伏期間を経た後に、38度以上の高熱、頭痛、筋肉痛、のどの痛みなどの風邪のような症状で始まります。続いて、嘔吐、下痢や内臓機能の低下がみられ、さらに進行すると、身体の色々な部分から出血し、死に至ります。エボラ出血熱は致死率が非常に高い病気です。

ユニセフでは下記の5点をエボラ予防としてイラストで説明しています。

・ 生煮えの食べ物、野生生物の肉は避けること
・ せっけんで手を洗い、適切な衛生状態を保つこと
・ 医療従事者は、適切な保護服を着用すること
・ エボラ出血熱について正しい情報を広め、誤解を打ち消すこと
・ 疑わしい症状が出たらすぐに医療機関を受診すること

厚生労働省は「現在、エボラ出血熱に対するワクチンや特異的な治療法はない」としており、症状を軽くするための補液と対症療法を行い、生存の確率を高めるための治療を行います。早期に安静を保つことが有効で、早期発見が重要と考えられています。

エボラ出血熱感染の予防と対策

エボラウイルスの予防ワクチンは現在ありません。感染が疑われる人との接触、流行地域での行動は可能な限り避けることが第一です。感染防御対策を行っている多数の医療関係者でさえも感染しているので、壁や机に付着した体液に触れるなど、予想もしないところが感染源になることもあるといえます。周囲に付着したウイルスは感染力を保持していると考えて行動することも重要です。エボラウイルスは動物にも感染するので、動物の死体に近づいたり触ることも避けましょう。加熱処理の信頼できない肉を食べることは危険ですので絶対してはいけません。

ユニセフでは下記の5点をエボラ予防としてイラストで説明しています。

・ 生煮えの食べ物、野生生物の肉は避けること
・ せっけんで手を洗い、適切な衛生状態を保つこと
・ 医療従事者は、適切な保護服を着用すること
・ エボラ出血熱について正しい情報を広め、誤解を打ち消すこと
・ 疑わしい症状が出たらすぐに医療機関を受診すること

エボラ出血熱感染予防には次亜塩素酸ナトリウムが有効です。
当店取扱商品の次亜塩素酸水は、人体や環境にも優しい【弱酸性】ですので、
衛生管理及び感染症対策製品としてホテル、旅館、デパート、飲食店、
介護施設、学校、保育園、交通機関ほか、
様々な分野でご利用いただいている除菌水です。

厚生労働省の「感染症法に基づく消毒・減菌の手引き」(下記資料参照)に記載されている通り、
次亜塩素酸ナトリウムの除菌効果はエボラウイルスにも有効とされています。
エボラ出血熱は感染者との直接接触による伝染病ですが、
パンデミック(感染爆発)を警戒し感染予防に備える事が重要です。

厚生労働省資料

次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水の同類性
次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性.pdf

感染症法に基づく消毒・滅菌の手引きについて
感染症法に基づく消毒・滅菌の手引きについて.pdf

厚生労働省参考資料1厚生労働省参考資料1

厚生労働省参考資料2厚生労働省参考資料2

厚生労働省参考資料3厚生労働省参考資料3

おすすめ商品

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックスプレータイプ
ノロウイルス・O-157など食中毒対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
弱酸性次亜塩素酸水 ジャームブロック
スプレータイプ 30ppm 40ml 24本入
LinkIconご購入はこちらから

germ06.jpg
ノロウイルス・O-157など食中毒対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
弱酸性次亜塩素酸水 ジャームブロック
バッグインボックスタイプ 30ppm 20L
LinkIconご購入はこちらから

弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック
ノロウイルス・O-157など食中毒対策に
【弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロック】
弱酸性次亜塩素酸水 ジャームブロック
バッグインボックスタイプ 30ppm 10L
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。

インフルエンザ予防:感染症・インフルエンザ関連最新情報リンク
感染症や新型インフルエンザに関する情報は、下記のような様々な機関から提供されています。情報は刻々と変化していますので、最新の情報を得ることが大切です。

厚生労働省「感染症情報」
厚生労働省「ノロウイルスに関するQ&A」
国立感染症研究所「感染症情報センター」
外務省「感染症関連情報」
東京都福祉保健局「感染症対策」