ウロコヤオンラインTOPページへウロコヤオンラインTOPページへ

ウロコヤオンラインでは、北海道産の天然ハッカ油を取り扱っています。

スマートフォン対応のご注文ページスマートフォン対応のご注文ページウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > 極上厳選米 > お米の歴史

お米づくり

お米の歴史


お米の種類お米の種類

お米づくりお米づくり

お米を美味しく食べるお米を美味しく食べる

お米ライン

お米づくり歴史
日本の米づくりの歴史は非常に古く、縄文時代から始まりました。
中国から九州に伝わったといわれている稲作技術によって約、3000年以上前から日本人が
お米を作っていたとされ、最も古い水田は岡山県で発見され約2500年前のものでした


昔と今の違い
昔は種籾(たねのみ)を直接田んぼに蒔いていて実った穂の部分だけを刈り取って収穫
してましたが
今では種籾を15cmほどの苗まで育ててから苗植えをし、稲の根元から刈り取って収穫してます。
田んぼに稲を植えたりなど基本的なところは変わってないですが農作業機械や農薬、
農機具などが無かった時代なので作業には違いも沢山あります。

全国に広がったお米づくり
中国から九州へ伝わり東へと広がっていき、2300年程前には現在の青森県まで
お米づくりが伝わっていきました。
日本中で稲作が行われるようになったのは中国やインドネシア、タイの気候と似ており
雨が多く降る梅雨時と雨が少なく暑い夏季がお米づくりに適しおり、
食味が良く長期の保存が可能な点も主食としてお米が選ばれた理由です。

お米の語源や漢字の成り立ち

お米の語源や漢字の成り立ちにはさまざまな説があります.

語源
1、「込める・籠める」
古くからお米は日本人にとって大切な穀物として愛されてきました。
儀式や祭礼に使われたりしてる事などからお米は、神聖、神秘的な力が込められた
存在であり、そこから転じて「こめ」と呼ばれるようになったといわれております。

2、「小さい実」
お米は稲の実ですので、小さな実、「小実(こみ)」「小目(こめ)」の言葉から転じて
「こめ」と呼ばれるようになったと言われております。

漢字
1、米づくり
お米を作る農家の方が八十八もの手間、手順をかけて作られてると言われており
お米の漢字を分解すると【八】【十】【八】に分けられます。
昔に比べると農耕の機械や肥料も進歩し農家の方の負担も少なくなってますが
まだまだ作業も多く大変です。

2、「米」漢字の成り立ちは、稲穂を表す象形文字だったと考えられており。
横線の周りを6本の短い縦線が取り囲むように書かれ、
横向きになった稲の穂先を表現していたのです。
そこから徐々に変化して今の「米」という形になったと言われています。
お米の漢字


お米の単位

お米には古くから沢山の数え方があります。

お米の量を表す単位
1合=約180.39ml
10合=1升
100合=1斗
400合=1俵
1000合=1石
となります。

合→尺貫方における体積の単位です
升→元は両手で掬った量に由来する身体尺で当時では200ml程度でした
斗→1斗缶と呼ばれ、その容積は1斗(18ml~20ml)です
俵→1つの俵(たわら)に入る量で、今では米の重さ(質量)の単位です
石→成人1人あたりの1年間で消費するお米の量に等しく、面積を表す反は、元は米1石の田の面積として定義されてます。

お米の収穫量に基づく石高制(こくだかせい)
近世の日本では、何石分のお米が取れるかにより土地の生産性、価値を表してます。
これを石高制と呼びます。
石高は課税の基準にもり、石高に応じて年貢が定められ、農民はその量のお米を
年貢米として収めてました。

お米とご飯の重さ
お米1合の重さは焼く160gになります。
お米は炊くと水を吸収し約2.2倍に増え、1合のお米だと350gのご飯になります。
お茶碗1杯のご飯が約150gなので1合で2杯分になります。

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン