ウロコヤオンラインウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のご注文ページスマートフォン対応のご注文ページウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

PM2.5

PM2.5とは
大気中に浮遊する微粒子のうち、粒子径が2.5μm以下のもの。
2.5μmは髪の毛1本の1/40程の小ささで、通常肉眼での確認はできません。
PM10と比べて小さなものが多いため、健康への悪影響が大きいと考えられます。

PM2.5大きさ



PM2.5の発生原因のほとんどが工場の排煙やディーゼル車の排気ガスに含まれる「すす」などが主成分ですが、 PM2.5は大気中に浮遊する粒子状物質のうち、粒径2.5μm以下の物質なので、単一な成分でできているのではなく多数の物質の混合物と言えます。
中国のようなすごい霧になってしまうのはスモッグ(毒性のスス)が原因になっており、霧が出てなくてもPM2.5は空気中にいるので安心はできません。


最近の調べでは直噴ガソリン自動車から高濃度の粒子状物質(PM2.5)が排出されることが確認されており、燃費が良いためここ数年間で急速に普及たことや、火山の噴火により二酸化硫黄(SO2)を含む火山ガスがPM2.5の濃度を上昇させる一因になっているとされています。

中国で問題になっているPM2.5は工場が中国国内で取れる安価な石炭をしっかりとした環境設備を持たないまま燃やしている事が主な原因と考えられており、また中国の家庭では冬場の暖房に、石炭を加工して作った練炭を燃料として使ってるのも大きな原因だと考えられます。



PM2.5は小さな微粒子のため肺の吸い込むと肺の奥や血管まで侵入し、ぜんそく・気管支炎、肺がんや心臓疾患などを発症・悪化させ、死亡リスクも増加させます。
さらに小さい超微小粒子のレベルになると血液への移行があるといわれており、脳や心臓の疾患も増える危険性があります。


・外出は避け、外に出るときには【N99規格の高機能マスク】を着用する
・車に乗る際には窓を閉めておく
・洗濯物はなるべく室内干しにする
・長時間滞在する寝室などには空気清浄機を設置する
・こまめな手洗い・うがいの徹底

マスクの種類

おすすめ商品

N99規格高機能マスク【モースシリーズ】全種類全サイズセットN99規格高機能マスク【モースシリーズ】全種類全サイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズ全種類全サイズセット
LinkIconご購入はこちらから

モースシリーズSサイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズSサイズセット
LinkIconご購入はこちらから

モースシリーズMサイズセットモースシリーズMサイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズMサイズセット
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。