ウロコヤオンラインウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のご注文ページスマートフォン対応のご注文ページウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > 【N99規格】高機能マスク > 【インフルエンザ・ウイルス・PM2.5予防対策】N99規格 高機能マスクシリーズ

N99規格 高機能マスクのご案内です。

N99規格 高機能マスク

当店のマスクはすべてN99規格準拠の高機能マスクです。大気汚染PM2.5対策用マスクとしてもお使いいただけますので、ご安心ください。

花粉対策マスクとインフルエンザ対策マスクは根本的に違います。

ウイルスをどれだけ除去できるのか、マスクの機能を確認しなければ意味がありません。

一般的なマスクとモースシリーズ高機能マスクとの比較図:インフルエンザ予防・PM2.5対策 衛生用品販売店ウロコヤオンライン
PM2.5比較

マスク選びの重要ポイントは効果です。

一般的にマスクは1ミクロン以上の花粉や細菌を除去する目的で作られているので(上図参考)、現在流通しているマスクのほとんどが、新型インフルエンザウイルスに効果のないマスクと思われます。新型インフルエンザには1ミクロン以下のウイルスを除去する目的で作られたマスクが必要になるのです。

新型インフルエンザ対策マスクを見ると、「N95規格」と書かれたマスクがあります。これは、アメリカ国立労働安全衛生研究所が定めた抗ウイルスマスクの基準のひとつで、0.3ミクロンの微粒子を95%除去できるということです。マスクを備蓄する時、必ずこの数値を確認するようにしましょう。

ロナルド・モース博士が考案したモースシリーズは、
  ・N95規格よりも更に良質な「N99規格」で、0.1ミクロンの微粒子を99%以上捕集することが可能
新型インフルエンザ対策、抗ウイルス対策マスクに最適といえます。

近年、中国で非常に問題となっている【PM2.5(粒径2.5μm以下の浮遊上物質)と呼ばれて
いる大気汚染の吸込防止にもお使いいただけます。

信頼できる認定と実験結果

学校法人北里研究所による本物のH1N1ウィルスを使用した実験で、
下表のように、99.9999%の感染力価低下が証明されています。

本物のインフルエンザウィルスを99.9999%感染力価低下

99.9999%の感染力価低下の証明学校法人北里研究所による本物のH1N1ウィルスを使用した実験で、99.9999%の感染力価低下が証明されています:インフルエンザ予防・PM2.5対策 衛生用品販売店ウロコヤオンライン

学校法人北里研究所
北里研究所メディカルセンター病院
研究部門 医療環境科学センター

①試験ボックスは300x300x300mmのアクリル製のボックスを連結させたもので、ボックス中央部に直径60mmの穴を開け、実験に使用するマスクはこの穴を塞ぐ形でセットしました。

②培養したインフルエンザボックス液を向かって左側の実験ボックス内に連続的に噴霧し、マスク通過後の空気を向かって右側のボックスから回収し、その感染力価を測定しました。

マスクの捕集率FDAで実証済み

マスクの捕集率FDAで実証済みFDAの認定検査機関でもあるネルソン社の不織布のデータもきちんと正しく揃っています。(安価なマスクではネルソンのデータが正しいものかどうかチェックが必要です)

モースガード・モースプロテクションの情報信頼性認定

日本医学交流協会医療団認定:インフルエンザ予防用品販売店ウロコヤオンライン日本医師会が感染防止にモースガードマスクを備蓄し、多くの企業がモースシリーズマスクの信頼性を高く評価し、社員の為の企業備蓄、一般での販売をしています。通常マスクは一般店頭販売ですがモースシリーズのマスクは大手企業などが備蓄用に多数採用されています。

日本医学交流協会医療団のホームページはこちら

第52回日本感染症学会においてその性能が発表されています。第52回日本感染症学会においてその性能が発表されています:インフルエンザ予防用品販売店ウロコヤオンラインモースプロテクション・モースガードは日本医学交流協会医療団により情報信頼性評価制度の認定を受けたマスクです。

日本医学交流協会医療団のホームページはこちら

EMAによる認定

本部を米国ネバダ州に置くEMA(アースメッセンジャーズアソシエーション)から認定を受けました:インフルエンザ予防用品販売店ウロコヤオンライン
第52回日本感染症学会においてもその性能が発表されています。
本部を米国ネバダ州に置くEMA(アースメッセンジャーズアソシエーション)から認定を受けました。

Earth Messengers Association(EMA) アースメッセンジャーズアソシエーションとは
EMA(エマ)は、2009年(平成21年)2月9日、「環境と経済の調和と融合」をスローガンに掲げたワールドウォッチングソサエティ(WWS)の下部団体として発足した。会長、Dr.ロナルド・モース。京都にてEMA会議を開催し、地球問題に関して語り合う機会を設けています。

日本・中国・韓国で特許取得済み

■2012年11月 日本・中国・韓国でモースガード特許取得済み。現在、世界特許申請中です。
 日本 特許第5155884号
 中国 特許第1110444号

ニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品に指定

■東京都中小企業振興会のニューマーケット開拓支援事業の支援対象製品に指定されました。

公益財団法人東京都中小企業振興公社が事業展開を行う「ニューマーケット開拓支援事業」において、「モースマスクシリーズ」が同事業の支援対象製品として認定を受けました。
これは、東京都の企業を対象として製品開発力や技術力において高い評価を得ている都内中小企業の「開発製品」や「技術」が対象となるもので、今回弊社の「モースマスクシリーズ」が同認定を受けたことで、弊社製品のクオリティーの高さがあらためて証明されたこととなりました。

高い採用実績

日本医師会が感染防止にモースガードマスクを備蓄し、多くの企業がモースシリーズマスクの信頼性を高く評価し、社員の為の企業備蓄、一般での販売をしています。通常マスクは一般店頭販売ですがモースシリーズのマスクは大手企業などが備蓄用に多数採用されています。

多様なサイズ

モースシリーズはサイズが豊富です。新型インフルエンザに多くの子供が感染をしていますが、子供用サイズのマスクが市場ではほとんどなく、モースシリーズのマスクは大人用のレギュラーサイズから女性にも最適なミディアムサイズと子供用のスモールサイズとラインナップが豊富な上、1袋5枚入の携帯用に便利な袋入りから業務用タイプの箱入りのものまで種類も豊富に揃えています。また、4層構造タイプと3層構造タイプがあり選びやすくなっています。

パンデミック時のために…1人2ヵ月分=60枚が備蓄の目安です

厚生労働省・新型インフルエンザ対策推進室では、インフルエンザのパンデミック(大流行)に備えて、少なくとも2週間分の食料の備蓄と、1人当たり25枚程度のマスクの準備を呼びかけています。パンデミック後は特にマスクの不足が予測されますので、当店では一人当たり60枚(2ヶ月分)の備蓄をおすすめしています。新型インフルエンザ対策は予防が第一。家族の健康を守る為にも、今から準備をしておきましょう。

おすすめ商品

N99規格高機能マスク【モースシリーズ】全種類全サイズセットN99規格高機能マスク【モースシリーズ】全種類全サイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズ全種類全サイズセット
LinkIconご購入はこちらから

モースシリーズSサイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズSサイズセット
LinkIconご購入はこちらから

モースシリーズMサイズセットモースシリーズMサイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズMサイズセット
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

現在世界中でインフルエンザの感染が問題になっており、マスコミでは連日大きく取り上げられて います。もし、強毒型インフルエンザ(H5N1 型)が流行した場合、マスクによる自己防衛は必要不 可欠です。 私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製に よって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDA をはじめ数々の認可を得ており、世 界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助か るために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。