ウロコヤオンラインウロコヤオンライン

インフルエンザ・感染症予防は、除菌水の弱酸性次亜塩素酸水と高機能マスクで対策しましょう!インフルエンザ予防の除菌水、弱酸性次亜塩素酸水ジャームブロックやPM2.5対策にもなるN99規格準拠の高機能マスクをはじめ、肩こりや首の痛みにお悩みの方にお使いいただきたい機械式の枕や健康グッズ、リラックス効果~虫除けまで万能に使える北海道の天然ハッカ油をご案内しています。

スマートフォン対応のご注文ページスマートフォン対応のご注文ページウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ企業様向け企業様向けウロコヤオンラインへのお問合せウロコヤオンラインへのお問合せ

HOME > 【N99規格】高機能マスク > マスクの知識

マスクの知識

インフルエンザウィルスや黄砂、PM2.5、コロナウイルスなどの感染予防にマスクを着用する際に、大切なのは正しいマスクのご使用方法と使用後のマスクの処分方法です。



マスクの種類
マスクの種類は大きく分けて【ガーゼ】と【不織布】の2種類あります。
ガーゼは1枚のガーゼを何重にも折り重ねてできています。
不織布は繊維同士を色々な方法で結合させてシート状して作られます。
厚みや柔らかさなど自由自在に作ることができます。

ga-ze.jpg

マスクの種類.jpg

マスクの形状
マスクの形は大きく分けて3タイプあり、
【平型】ガーゼマスクに多い平面タイプ
【ブリーツ型】不織布マスクに多い上下に開ことのできるタイプ
【立体型】鼻先からラインに沿ったタイプ
上記のマスクがあります。

最近では、形状記憶合金(鼻の部分に針金のようなものが入っているマスク)もあり、自分にあったサイズに合わせられる為、人気があるそうです。

正しいマスクのご使用方法正しいマスクのご使用方法
マスクとの間に隙間が無いことが
確認できたら、正しく装着できてます。
※使用中はマスクの表面に触れないようにして下さい
(ウイルスや細菌がついている可能性があるため)

マスクの処分方法マスクの処分方法
ウイルスの流行などで使用したマスクは
一晩塩素系の除菌水や漂白剤に浸けてから
ゴミとして処分することもおすすめです。
※マスクを触った後は石鹸を使って手を洗う事も忘れないで下さい。

おすすめ商品

N99規格高機能マスク【モースシリーズ】全種類全サイズセットN99規格高機能マスク【モースシリーズ】全種類全サイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズ全種類全サイズセット
LinkIconご購入はこちらから

モースシリーズSサイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズSサイズセット
LinkIconご購入はこちらから

モースシリーズMサイズセットモースシリーズMサイズセット
インフルエンザ・PM2.5対策
【N99規格準拠・高機能マスク】
モースシリーズMサイズセット
LinkIconご購入はこちらから

プリバシーポリシー:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
〔ウロコヤオンライン〕会員規約::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
ウロコヤオンラインへのお問い合わせ::インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン
特定商取引に基づく表示:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

携帯電話からアクセス:インフルエンザ予防の除菌水販売店ウロコヤオンライン

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

Dr.ロナルド・モース考案による、高い信頼性

私が考案したマスクは、アメリカが生み出した不織布に日本の科学技術を加え、中国の縫製によって完結しました。世界一厳しいアメリカの検査機関FDAをはじめ数々の認可を得ており、世界中のどの製品よりも信頼のできるマスクであると確信しています。一人でも多くの命が助かるために世界中に急ピッチで提案したいと考えています。

ロナルド・モース
[Dr.Ronald A. Morse]

カリフォルニア大学、プリンストン大学を経て、1974年からアメリカ国防総省国務省、エネルギー省で政策立案、分析に従事。モースガード考案者。前ブッシュ政権 経済担当首席補佐官。元メリーランド大学及びUCLA国際プロジェクト部長。ネバダ大学ラスベガス校教授。著書「目をさませ日米関係」をはじめとして多数執筆。

インフルエンザ予防:パンデミックを理解する

パンデミックとは、限られた期間に世界的規模で感染症が大流行することを言います。世界保険機関(WHO)の発表によると、インフルエンザパンデミックは、多くの感染者及び死亡者を出すと予想・発表、世界的な脅威になっています。スペインインフルエンザや香港インフルエンザもインフルエンザパンデミックのひとつです。 現在は、人口密度や飛行機などの交通機関の発達により、短い期間で世界中に感染が拡大すると懸念されています。普段から情報に耳を傾け先手の準備をすることが重要です。